円形脱毛症の恐怖

円形脱毛症の恐怖

約1ヶ月前から部屋中やたらと抜け毛が落ちていることが気になっていました。

 

起床時には枕元に約10本の抜け毛は茶飯事、入浴時には排水口に溜まった髪の毛の量がいつもより増えたなと自覚はしてました。最近は仕事が忙しく不規則な生活と睡眠不足が重なり身体を酷使していたので、疲れのせいで抜け毛が増えたのだろうと軽視していたのです。元々髪の毛の量多いので多少の抜け毛の不安は微塵もありませんでした。

 

そして1ヶ月後、なんの前触れもなく血の気が引く恐怖体験に襲われたのです。入浴時のシャンプーで頭皮にシャワーを当てると足元へズルズルと髪の毛が流れてきたので、何やらいつもと違う?と悪い予感がしました。次にシャンプー剤をつけ指先でゴシゴシと洗うと、手のひらに尋常でない量の髪の毛がゴッソリと絡んだのです。

 

鼓動が早くなり膝がガクガク震えながら急いでシャンプーを終らせバスタオルで頭皮を拭くと軽く100本を越える髪の毛がバスタオルにベッタリとついてました。恐る恐る排水口のふたを開けると両手に山盛りに乗るほどの髪の毛が溜まっていたのです。

 

お風呂から出てドライヤーで髪を乾かした後、鏡台の前で手鏡を持ち頭皮全体を確認すると、つむじの約3センチ下に直径2センチほどの大きさの髪の毛が存在しない部分を発見したのです。言わずと知れた円形脱毛症です。他にも探すと合計3ヶ所の脱毛部分が見つかり、その周辺の髪の毛を軽く引っ張ると何の痛みも感じずスルッと数十本の髪の毛が抜けました。

 

急いでネットで円形脱毛症について検索すると、円形脱毛症には様々な種類があり放っておいて自然治癒する軽症のものから前頭の髪の毛が抜け落ちてしまう重症のものまであるので、手遅れにならぬように皮膚科など専門医の診察を受けるべきである。という情報を入手しました。私は急いで皮膚科で治療を受け、幸い進行を食い止めることはできましたが、放っておいたら取り返しのつかない事態になっていたかも知れません。

 

約1ヶ月前、抜け毛が気になり始めた頃から円形脱毛症は始まっていたのだと思います。皆さんも抜け毛がいつもより増えたと感じたら円形脱毛症の可能性もあるということも念頭に置く必要があると思います。

 

ただ、急にではなくちょっとずつ徐々に抜け毛が増えてきた場合は、AGAの可能性が高いので、そういった方は市販の育毛剤やヘアトニックなどで対策するといいでしょう。ヘアトニックランキングなどを参考にすると、人気の高い優良なものを選べます。病院で治療するという方法もありますが、それなりにコストがかかるのでまずは自分なりのセルフケアからはじめることをおすすめします。

関連ページ

腸内環境が抜け毛を解決
腸内環境を改善して抜け毛を改善し、さらに医薬品での治療についての注意点も
睡眠が薄毛のカギを握っている?